再生療法の可能性

先日、日本臨床歯周病学会の年次大会(in名古屋)に参加してきました

IMG_0011

今回のテーマは『再生へのかけ橋』ということで、歯周再生療法のトピックが盛りだくさんでした。

歯周再生療法の世界的権威であるDr.TONETTI Maurizioは、重度歯周炎の歯を再生療法にて救った多くの症例を提示され、まさにアメイジングと驚嘆するばかりでした

私たちが今まで教育されてきた抜歯基準を見直すと共に、再生療法の可能性をまだまだ感じさせる素晴らしい学会でした

IMG_0054

↑ 熱く講演されるDr.TONETTI、神の領域に達した人はオーラが違います

再生療法を成功に導くためには患者さんの協力や生活習慣の改善等も大切ですが、何よりも正確な術式と優れた器材、そしてそれらを繊細に扱う技術の習得が必要になります。

日々鍛錬、日々研鑽し、多くの歯を残せるよう努力して参ります

 

歓送迎会

ごぶさたしています

なんやかんやで更新が滞っていました(いつものことですが

さて、2014年2月末をもって開業当時から共に仕事をしてきた衛生士の田中さんが退職されました

彼女の妥協ない仕事ぶり、患者さんへの気配り、そして誰からも好かれる人間性にはいつも感心させられていました
衛生士としてとても才能に溢れ、当院には欠かせない存在でしたが、自分の夢の実現のため退職の運びとなりました。
田中さんなら違うフィールドでも活躍されること間違いなしです応援しています

また、年末から当院を非常勤でお手伝いしてくださっていた中野さんが5月末で一旦退職になりました。
彼女は日本臨床歯周病学会から認定を受けた『認定衛生士』で、とても努力家、勉強熱心でその姿にいつも刺激を受けていました

こうした優秀なスタッフに支えられて本当に高橋歯科醫院は幸せです


IMG_0042

そして、後任として春から衛生士さん二人が勤務されています。

新しいスタッフの歓迎会と送別会、スタッフの誕生会を兼ねての会でした。

IMG_0046

これからもスタッフ一同で地域の歯科医療に貢献して参ります