冬のフッ素キャンペーン

# 平成最後の

# 冬のフッ素キャンペーン

# 12月10日(月)から1月12日(土)まで

# 高橋歯科醫院  TEL : 597ー6616

 

お口をスッキリさせて新年を迎えませんか?

メンテナンスのご予約も承っています。

お気軽にお電話ください。

食欲の秋

秋は旬の食材が豊富で何を食べても美味しいですよね〜🍄

いつまでも美味しく食事が出来るように歯のメンテナンスをしっかりしましょう🎶

お口の中のことで気になる事があればお気軽にお問い合わせください☎︎

マイクロスコープ

相棒がもう一台増えました。

精密な治療をするには欠かせない機械です。

現代では、今まで見えなかったものが見える事で精度の高い治療が行える時代になりました。

精密治療にご関心がある方はお気軽にお声掛けください。

ラバーダム防湿とは?

ラバーダム防湿とは「治療する歯と その他の歯・粘膜をラバー(ゴム)のシートを用いて隔離する方法」です。

↑ラバーダム防湿.

外科手術の時に患部を隔離するのと同じ原理です。

歯の表面・粘膜・唾液の中には多数の細菌が存在しているため、治療中に歯の内部へ細菌が侵入しないようにラバーダムにより防ぐ必要があります。

確実に治療する歯を隔離するためにラバーシートと歯の隙間も封鎖し、さらには治療する歯とその周辺をしっかりと消毒する事で無菌的な環境を整えます。

ではなぜ、根の治療(根管治療)ではそこまでする必要があるのでしょうか?1965年にDr.Kakehashiによって、根尖性歯周炎(根の病気)の原因は細菌であることが示されました。

よって根の治療(根管治療)は、虫歯により歯の内部に入ってしまった細菌をできる限り除去することを目的とし、かつ治療中に新たに細菌を持ち込まないように配慮する事が重要といえます。

また根の中を消毒するために用いる薬液は刺激性や毒性が多少あり、粘膜に付いたり飲み込んでしまう事故をラバーダムは防ぐ役割もあります。

歯内療法学会のガイドラインで『根管治療にラバーダムは必須である』と明記されています。

根の治療をする際は、ぜひラバーダム防湿をした上で「ルールに則った根管治療」を選択していただきたいと思います。

歯内療法学会 西日本支部

9月9日(日)に歯内療法学会 西日本支部が大阪歯科大学で開催されたので参加してきました。

私が所属するスタディークラブの仲間が発表をされ、素晴らしい内容で多くの関心を集めていました。

こうした有益な情報を発信されることが患者利益に結びつくのだと思います。

発表された先生方、お疲れ様でした!

夏のフッ素キャンペーン

恒例の『夏のフッ素キャンペーン』開催します!

これを機に定期検診&クリーニングもいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください♪

※ 開催期間 7月20日(金)〜8月31日(金)

春のフッ素塗布キャンペーン始まります ♪

 

3月19日(月)〜  4月14日(土)の期間中、『春休みフッ素キャンペーン』を開催します!
春休み中のお子様、新生活を控えた新社会人の皆さま、定期的なフッ素塗布で強い歯を作りませんか?

この機会に検診&クリーニングも合わせていかがでしょうか?

ご予約はお電話にて承ります。

2018年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年は高橋歯科醫院に多大なるご厚情を賜り関係者の方々には心よりお礼申し上げます。

本年は昨年以上に多くの患者様に最良の医療を提供出来るように努めて参る所存でございますので、何卒ご支援の程お願い申し上げます。

 

当院では患者様ごとに適した『オーダーメイド治療』をモットーにしています。

ご自身の歯を長持ちさせる治療(歯周治療・歯内療法)欠損を拡大させないための治療(精密義歯、インプラント治療)に特化しています。

また科学的な根拠に基づいた治療をおこなう事で、治療精度を高め長持ちする治療結果をご提供します。

ご相談、セカンドオピニオン随時受付けております。

お困りの方は気軽にお問い合わせください。

http://takedagangu.thebase.in