高橋歯科醫院

あなたの歯を守る、最適な治療をご提案します

tel.078-597-6616

診療時間 9:30~12:30 / 14:30~19:30

歯を守る治療

精密根管治療

精密根管治療のメリット

従来の根管治療との違い

日本でおこなわれている従来の根管治療(健康保険適用)は安い治療費で治療が受けられる反面、治療に使用出来る材料や時間に制限があり、手間をかけた精度の高い治療がおこなえないために根管治療における成功率は60%程度と言われています(米国式の精密根管治療の成功率は90%以上)。

『手探り治療』から『見る』治療へ

根管治療先進国である北米の臨床コンセプトに則り、無菌的な環境(ラバーダム防湿、徹底した器具の滅菌、ディスポーザブル器具の使用)のもと、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて術野を拡大しながら作業することで感染部の取り残しがなくなり、高い確率で歯を残すことが可能になります。
従来の治療では困難だった穿孔部(根管内に人為的に開けられた穴)の閉鎖や、破折ファイル(異物)の除去が可能になります。
痛みや不快症状が改善しない、従来型の根管治療で治らない、抜歯だと宣告された方には精密根管治療をおすすめします。

使用する機材

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)

マイクロスコープ

お口の中を最大20倍まで拡大して見ることが出来ます。根の中の治療や詰め物の治療、歯周病の治療において使用します。より精度の高い治療を行うには必須の機械です。

ラバーダム

ラバーダム

治療する歯へ唾液が入らないようにし、無菌的な状態での治療を可能にします。

症例紹介

【症例1】

精密根管治療

肉眼では確認できない奥歯の根管治療も精度高くおこなえます。

【症例2】

精密根管治療2

根の中に異物(黄矢印)があり、根の先の清掃が十分にできない状態です。

【症例3】

精密根管治療3

根の先の黒い病巣部分が、徐々に白くなり骨が再生している事が確認できます。

ページの先頭へ